痩せたくてダイエットしてるのに痩せないのはなぜ?痩せない理由を解説します

ダイエットしているのに痩せない。
このような悩みを持っている人、多いのではないでしょうか。

ですが、なぜ痩せないのでしょうか。
それには、それぞれに理由があります。

今回は、いろいろな事例の”痩せない”のなぜについて解説していきます。

運動しても痩せないのはなぜ?運動は即効性があるわけではありません

ダイエットをするのに、運動しようと考える人は多いと思います。

・毎日腹筋100回、腕立て伏せ100回、スクワット100回を3セット
・ジョギングを30分しよう
・ウォーキングを1時間する!

このように、身体を動かす目標を立てるかもしれません。

ですが、これらを最初のうちこなしていっても、実際すぐに効果は表れません。

数日すれば、普段しないことをしているので疲れも出てきますし、ただ単に苦しさだけが実績よりも先行してきます。

運動しても痩せない!と、効果が表れるまでに挫折してしまうのです。

実際に体重80kgの人が30分程度ゆっくりジョギングした場合、消費カロリーは350kcal程度です。

スーパーカップ超バニラが1個あたり約370kcalですので、ジョギング30分したところで、消費されるのは、アイスクリーム1個分なのです。

なぜ運動しても痩せないかというと、今行う運動は数週間後、数か月後の身体作りのためのものだと思い、積み重ねていくものだからです。

そもそも、今やったからといってすぐに目に見えて効果がでるものではないのです。

下半身が痩せない!『なぜ』の答えは『構造の違い』と『生活習慣』

ダイエットをして体重は減ったのに、下半身はスリムにならない!
そのような話を耳にすることがあります。

これには、確固たる理由があります。

その理由を対策すればいいだけですので、痩せないと諦めるのはまだ早いです。
下半身がなぜ痩せないか、理由を解説します。

1.痩せな理由の構造上の違い

まず、上半身と下半身では、構造上に大きな違いがあります。

このため、食事を制限したからといって、お腹が引っ込むように、お尻や太ももが細くなるわけではありません。

また、やり方を間違えれば、逆に太くなってしまいます。

脂肪細胞のレセプター|痩せない理由

まず、脂肪細胞からして構造が違います。

レセプターと呼ばれる脂肪の貯蔵や放出をコントロールする受容体が全く違う配置をしているのです。

上半身の脂肪細胞の場合、脂肪貯蔵レセプター1つに対し、脂肪放出レセプターは6つあります。
ですが、下半身は全くの逆で、脂肪放出レセプター1つに対し、脂肪貯蔵レセプターが6つもあるのです。
そのため、下半身は脂肪を貯蓄しやすいといえるのです。

そしてこの脂肪は、上半身のような落ちやすい内臓脂肪と皮下脂肪のセットではなく、落ちにくい皮下脂肪のみという特徴もあります。

むくみ・セルライト|痩せない理由

足は、全身の中でもむくみやすい部位です。
このむくみですが、ただ水が溜まっているわけではありません。
放置してしまうと、むくみの影響で身体は冷えてしまいます。

その結果、脂肪がついてしまい、その脂肪が老廃物と結合することでセルライトを増やしてしまうのです。
つまり、セルライトがみられるのは、それだけ下半身に脂肪がついているという証拠なのです。

 

脂肪と筋肉のバランスの違い|痩せない理由

下半身は脂肪がつきにくいと説明しましたが、筋肉量は下半身のほうが多いため、船体的な脂肪量は上半身のほうが多くついているといえます。

そして、ダイエットで脂肪を減らそうとすれば、上半身の特に内臓脂肪は下半身の脂肪に比べ早くとれることから、下半身で効果が表れる以前に上半身は効果がでやすいのです。

下半身は、二足歩行で体重を支える必要があることから、筋肉は多くついています。

そのため、食事制限などで脂肪を落とすような場合でも下半身は結果が出にくく、おなかのぜい肉が減ったからといて、おしりのぜい肉が一緒にとれるかというと、そういうわけではないのです。

2.痩せない理由の生活習慣

構造の違いだけでなく、生活習慣にも原因があるといえます。

下半身痩せは、食生活を改善したからといって達成できるものではありません。

むしろ、食事制限を行うことで、血流が悪くなり、冷えにつながり脂肪がつきセルライトに変化するという悪循環に陥ります。
そのため、食事制限などは逆効果になってしまう場合があります。

次に、仕事の変化です。

現在では、長時間にわたるデスクワークが増えてきました。

これにより、1日中動かないという生活をしているというケースもあります。
このような動かない生活というのも、下半身太りに直結しているといえます。

そして、座り方や立ち方も下半身太りの原因の一つといえます。

特に日本古来の正座などは、脚の血流を阻害してしまいますので、下半身太りに直結するといわれています。

 

冬は痩せないってなぜ?実は代謝が一番上がるシーズンは冬

季節の視点から見た場合、冬場は痩せにくいようなイメージを持っていませんか。
むしろ痩せるどころか太ってしまう。
そのような、痩せたい人には寒さとともに厳しい季節、そのように思っている人もいるかもしれません。

とあるテレビのインタビュー番組で、どこかのジムでトレーナーをしている方が言っていました。
「冬場は代謝がさがるので、ジムに来て身体をうごかしてください!」
この『冬場は代謝がさがる』、これは大いなる間違いです。

冬場は寒くなって動きたくなくなります。
その結果、休みの日は暖かこたつやホットカーペットの上でゴロゴロしたくなりますよね。
だから動かないので代謝も下がり、痩せにくくなる。

このように勘違いしている人が多く、そのように思い込んで話をする人がいるので、それがある意味常識のごとく周囲に浸透してしまうというわけなのです。

ですが、結果は間違い。
実際のところ、冬場は代謝があがります。
夏場よりも代謝は上がるのです。

 

寒くなると、身体は体温が下がるのを防ぐために、体温を高めようとします。
この生命維持に使われるのが基礎代謝です。
基礎代謝が高くなると、それだけ燃料が必要になりますので、秋から冬にかけては食欲が増進します。
これを我慢すれば太る方向から痩せる方向に、軌道が修正されます。

一方夏場に食欲が減退するのは、夏場に体温を上げる必要がないことから、基礎代謝が低くなり燃料がそれほど必要なくなるからなのです。

このように、冬場は代謝が下がる季節ではなく、むしろ上がってダイエットに最適なシーズンだといえるのです。

食事制限しているのに痩せないのはなぜ?エネルギー不足が原因です

ダイエットで自分が一番痩せたと実感できるのは何でしょうか?
それは体重計の数字です。

体重計にのって、ダイエットしようと思った日の体重から、数字的に小さくなれば痩せたと思いますよね?

これを手っ取り早くできるのが食事制限です。

特にファスティングや断食などといった極端な食事制限はみるみる数字がさがります。
ですが、これらはやめるとリバウンドしてしまいます。

ここまで極端にしなくとも、食事を3回から2回にするとか、野菜だけの食事にするといったことをされる方も実際におられます。

ただ、これをしたところで、実際に痩せられないと嘆いている人も見られます。

実は、食事制限をして痩せられない主な原因はエネルギー不足から来ているのです。
ダイエットのためにエネルギー取るのを控えて不足させてるのだから何がいけないのと思う方もいるかもしれません。

ですが、このエネルギー不足の状態は、身体を飢餓の状態にしてしまいます。

そうなると、身体は少しのエネルギーも無駄なく取り込もうとしてしまうのです。
また、足りない栄養分を筋肉のタンパクを分解して使ったりすることから、基礎代謝が低下し、ますます痩せにくい体質になります。

さらに、食事を通常状態に戻したときに、身体は飢餓モードになっているため、減らしていた時の量から通常の食事量に戻した差額分が全て余分なエネルギーとなって体に蓄積されるようになります。
身体が食事量になじんでくるまでにリバウンドしてしまうのです。

このように食事制限をしても痩せられない原因は、食事制限を間違った方法でしてしまっており、身体がエネルギー不足の状態になっているからなのです。

 

痩せられない“なぜ”の原因を理解すると痩せられます

いかがだったでしょうか?

・運動しても痩せられない
・下半身が痩せられない
・冬は痩せられない
・食事制限しても痩せられない

それぞれの痩せられないなぜには、それぞれ原因がありました。

 

それらの原因にしっかりと対応することで、痩せることは可能です。

一方で間違ったダイエットをしてしまうと、一時的に体重の数字は落とせたとしても、脂肪を余分につけてしまったり、体重を増加させてしまいます。

そうなれば本末転倒ですよね。

そのようにならないように、しっかりと対策してダイエットを楽しみましょう。

東京【女性専用】おすすめダイエットジム34選|2020年毎月更新

ここでは、東京都内、特に都心に位置する女性専用ダイエットジムを比較していきます。
秘匿c委に女性専用と言っても、トレーナーも全て女性のじむ、トレーナーは男女いるじむなどいくつかのパターンがあります。

続きを見る

東京格安パーソナルトレーニングジムの10万円以下のプランを探してみた!

東京都内と近郊のダイエットジム、トレーニングジムの比較をして、お安くダイエットに成功できるスポーツクラブ選びをサポートします。ココではと内にある格安ダイエットジムを紹介していきます。

続きを見る

人気ダイエットジムベスト3

リボーンマイセルフ(女性専用)

女性専用ダイエットジムでなおかつ、トレーナも全て女性という都内唯一のジムです。 ジムも女性のためにデザインされたジムですので女性にとって人気の高いジムです。

都内のダイエットジムではライザップに続く店舗数ですので仕事・自宅の近くにも店舗を見つけやすいのもプラス!

ビーコンセプト

「太ももダイエット」「リバウンド保証付き」ダイエットの2つのプランが選べる人気のダイエットジム。 下半身痩せの特別メニューもありますし、女性に人気のプログラムです。

下半身痩せには定評のあるダイエットジムですので、下半身が気になる人にはイチオシのジムです。

ボデイ・インパクトプランナー

田町・飯田橋・大塚の3店舗で展開するダイエットジム。ベストボデイジャパンのグランプリの角田聖奈さんがトレーナーを務める人気上昇中のジム。

モニター料金もあるので、意外とお安く入会できるのもポイントです。

Copyright© 東京ダイエットジム【2020年安いパーソナルトレーニング】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.