極端な食事制限で起きるリバウンドについて|東京のダイエットジム

話題のパーソナルトレーニング

tokyo-diet-gym

極端な食事制限では終了後にリバウンドが起こるのか?

 
食事制限ダイエットでリバウンドした人の多くは、制限という言葉の意味を誤解しているのではないでしょうか。

 

食事制限というのは、「食事をバランスよく制限すること」であって、食事を抜いたり減らしたりするのではないということです

 

たんぱく質や炭水化物など、人が生きるために必要な栄養素を摂取しないと体自体が危険を感じ、あらゆる回復手段を講じようとします。

 

過度な食事や糖質制限でエネルギーが不足した体は、身体全体の新陳代謝を落として、わずかな食事量の増加でも脂肪として蓄積してしまい、太りやすい体質になります。

 

たんぱく質を摂取しなかったり、極端に食事を抜いて体重を落としてしまうと、実は一番最初に落ちるのは脂肪ではなく、エネルギーを一番消費する筋肉が落ち、その後に脂肪が落ち始めますので、間違ったダイエットは基礎代謝が低下して痩せにくくなります。

 

つまりこれらの体の自然作用は、すべてリバウンドにつながっているというわけです。
無理な糖質制限によって引き起こるリバウンドは、体の外見ではなく実は内面から起こっていることなのですね

 

通常は、ダイエットのみをすれば筋肉、脂肪両方とも減って行くのですが、筋力トレーニングを行い、筋肉に刺激を与えることによって活性化させ、選択的に脂肪を落とすことが出来る様になります。

 

どうして食事制限のダイエットは危険なのか?

 

食事の量を減らすというのは、ダイエットにおける基本のやり方の一つです。

 

しかし食事制限によるダイエットは、一時的には痩せたとしても、後々にリバウンドしやすくなるという欠点もあるのです。

 

一体どうして、そのようなことになるのでしょう?

 

食事制限がリバウンドする原因は?

 

ダイエットの前に知っておきたい大事な点は、人の体には可能な限り元の状態を保とうとする働きがあるということです。

 

食事制限でエネルギー源が減った体は、なるべくそれを補う方向に働きます。

 

つまり痩せよとする意思に反して、体内のエネルギー吸収効率は高まり、エネルギーを蓄積しやすく、太りやすい体になるのです。

 

また、食事制限が激しくすれば激しくするほど、満腹中枢を刺激するホルモンが分泌されにくくなっていきます。

 

そうなると同じ食事量でも、以前に比べて満腹感が得られません。
食事制限は太りやすい体質を誘発する上、満腹感も鈍化させてしまう二重の影響で、リバウンドする可能性を大きく高めてしまうのです。

 

リバウンドを防ぐためには

 

ダイエットジムで行う、食事制限ダイエットの後にリバウンドしてしまわないためには、計画的な食事制限を行うことが必要です。

 

痩せようとして食事量を急に減らしてしまうと、体の反発もそれだけ強まり、より一層太りやすい体が作られます。
食事制限は適度なレベルに留めつつ、食事量の減った状態に徐々に体を慣れさせましょう。

 

食事の量が少なくなっても、その量をしばらくキープすることで、体の状態を保とうとする性質を味方に付けることができ、体重の基準値を変化させることができます。

 

また満腹感を感じるために、よく噛んで満腹中枢に刺激を与えましょう。

 

ダイエットジムでの筋トレは食事制限での筋肉の減少を防ぐことが出来ますし、同時に基礎の代謝を高めておく事が出来ますので、ジムを卒業後にも定期的に
行う事をオススメします。

 

週1回やれば、筋肉は成長しないまでも筋肉の量を保つ事は出来ますので、最低週1度の筋トレは続けてください。

 

ジムでも身体に必要な物は確り食べる事を指導されると思いますが、食事制限は量を減らせば減らすだけ効果があるのではありません。

 

必要なタンパク質と適量な糖質を摂らないと、むしろ逆効果になりかねず、リバウンドの原因になってしまいます。

 

食事制限は計画的に体を慣らしながら行い、リバウンドしにくいダイエットを心がけたいですね。

目標体重まで落ちてからのリバウンドとの戦いが本当のダイエット

 

ダイエット目標まで体重が落ちてからリバウンドとの戦い

 

 

目標体重に達したからといって、2ヶ月、3ヶ月の筋力トレーニングでは、実はさほど筋肉量は増えていないので、2ヶ月のダイエットコース流量後に元の食事量に戻すと、体がカロリーを消費しきれずやっぱりリバウンドしてしまいます。

 

しかし、筋力トレーニングを続けた事による、身体の活性化により脂肪が燃えやすい身体になっているので、筋力トレーニングは続けることをおすすめします。

 

また、ダイエットジムで目標に達した後も、もとの食生活に戻さないで、1日3食のうち1食だけをダイエットに適したタンパク質多めで糖質を押さえたの食事を意識したり、、1日全体のカロリー摂取量がオーバーしないよう注意しましょう。

 

人間の本能として血糖値が上がりにくいタンパク質よりも、血糖値を急激に上げられるので精神的な満足感が高い糖質を選択的に摂ってしまうのですが、そのあたりの食生活に関しては多くのダイエットジムでしっかりレクチャーしてもらえると思います

 

ジムで行った筋力トレーニングを習慣化するのがベストですが、それが出来ない場合は、自宅で自重トレーニングでも、何もしないよりは随分、効果があると思います。

 

筋肉の元になるたんぱく質を意識的に摂り、普通の食事ではどうしても多めになる糖質をさけ、その分をタンパク質でとる食事方法がリバウンド防止には有効です。

 

それ以外にも、ゆっくり噛んで楽しく食事を味わえば、ストレスの反動で過食することもなくダイエットの成功に近づけます。

 

リバウンドを避けるためには、ダイエットジムを卒業した後も可能ならば筋力トレーニング、最低でもをーキングなどを心がければ基礎代謝を上げて、無理のないバランスのよい食事を心がけることがなにより大切です。
2017年東京ダイエットジム比較とジムの選び方