ダイエット成功後のリバウンド防止方法とは?

ダイエットでリバウンドしてしまうと、つい諦めてしまいそうにもなる瞬間もあるでしょう。
 
それでもめげずにダイエットを続けていくには、それなりの心構えを持つ必要があります。
 
どのような心構えでいれば、リバウンドに屈せずダイエットを続けられるのでしょうか?

 

都合よく痩せる手段はないと心に刻む

 

そもそも人の体というのは、健康な状態であれば安定した体重が保たれるようになっています。

 

ダイエットはそのように安定した体重をずらすことであり、体がそれに抵抗するのは当然です。

 

都合の良いダイエットなどは存在せず、都合が良ければ体はむしろ減った体重を取り戻すのだという事を、あらかじめ心に刻んでおくことが大切です。

 

ダイエットでは心の持ちようが多くの部分を占めています。

 

体重の減少が緩やかであっても、なかなか体重が減らないことを嘆くのではなく、着実に痩せつつあることを喜ぶほうが得策です。
リバウンドしても、体にとっては自然なことなので、過度に落ち込まず次の対策を考える癖をつけましょう。

 

ネガティブな思考はさらなるリバウンドだけで、何の得にもなりませんよね。

 

停滞期での心構えが最重要

 

痩せたイメージを強く持ちながら、決めたルールに従ったダイエットを行っていれば、自ずと結果はついてきます。

 

しかしいくら順調で減量していても、停滞期は訪れるものです。

 

そこでもうダメだと思ったり、それ以上の減量を諦めてしまうと、リバウンドに打ち勝つことはできません。

 

停滞期に入ったときこそ、自分の決めたルールに忠実になるべき時です。

 

チートデイを設け、それでも停滞期を抜けない場合は、急激には太らないことをむしろ前向きに考えるなど、思考の転換が有効です。

 

停滞期は体重をキープできるだけでも十分なので、動揺してルールを乱さず同じやり方を続けましょう。

 

やはりリバウンドに屈しないためには、マイナスなことを考えないのが一番です。もちろんそうした心構えは、努力と実践が伴ってこそ初めて意味があることです。

 

自分のルールを守ってどっしり心を構え、リバウンドと戦いましょう。
2017年東京ダイエットジム比較とジムの選び方

ダイエット後のリバウンド防止の秘訣とは?