ダイエットとリバウンドの関係は?

ダイエットとリバウンドを繰り返していると、うつ病になってしまう恐れがあります。痩せたいのに上手くいかない繰り返しは、精神的にネガティブな影響を与えますよね。

 

うつ病になってしまわないために、どのようにダイエットと向き合っていけばいいのでしょうか?

 

我慢は当然という考えは悪影響

 

ダイエットの基本の部分は食事を制限することなので、ダイエットに我慢は当然かとも思われます。

 

しかし我慢をしすぎることは、リバウンドの原因になるだけではなく、リバウンドの際に負の感情を抱く原因にもなってしまうのです。

 

そうして生まれたマイナスの感情は、自己否定的な目的のためのダイエットだったり、強迫観念的な衝動に駆られたダイエットにつながります。

 

ダイエットを成功させるためには、まずしっかりと精神的な安定があることが前提です。

 

我慢は当然という考えに始まり、その前提が崩された状態でダイエットをすると、リバウンド時の負の感情をいっそう強めてしまうのです。

 

こうしたマイナスの感情を強める循環により、精神状態はどんどん悪化し、最終的にはうつ病になってしまいます。
実際にそうした繰り返しによって心臓への負担が増すとの報告もあり、いかに心身へのストレスが大きいのか伺えます。

 

精神を上手くコントロールすることが鍵

 

うつ病を発症してしまわないためには、ストレスに上手く対処することが大切です。

 

直接的にはダイエットとは無関係に見えるストレスも、過食の誘発や基礎代謝の乱れを招き、実際的なリバウンドの原因となります。

 

ストレスを溜めないことはダイエットのためにも、うつ病の予防のためにも心がけるべきことなのです。

 

ダイエット時には食事制限に重点を絞るのではなく、ホルモンバランスを保つためにバランス良く栄養を摂る栄養のバランスもとりましょう。

 

有酸素運動と無酸素運動の組み合わせは、ストレスの元であるリバウンドを防ぎ、ストレスの軽減効果もあるので、ぜひ取り入れるようにしましょう。

 

体の不調やダイエットへの嫌悪感などは、ストレスが溜まっている兆候なので、そんな時にはストレスの発散を優先させるのが賢明です。

 

ダイエットは無理なストレスを強いてまで行うものではありません。そのせいでうつ病になってしまうと、まさしく本末転倒です。

 

 

無理せず自分のペースを守ってダイエットしましょう。

ダイエットとリバウンドを繰り返すと鬱病の恐れが