リバウンドを繰り返す場合の解決法は?

ダイエットしてもリバウンド地獄にはまってしまい、なかなか抜け出せなくなってしまうのは辛いですよね。この辛い地獄をいかに抜け出すかが、ダイエットにおける一つの鬼門となっています。

 

リバウンド地獄から抜け出すためのダイエット法を実践していきましょう。

 

自分のダイエットの方法をを見直してみる?

 

まず何よりも気を付けていただきたいことは、自分の行っているダイエット法が本当に正しいのか、念入りに確かめることです。
たとえば基本的なこととして、食事制限を極端にすればするほど痩せるわけではありません。

 

そうではあると分かっていても、度重なるリバウンドへの焦りから、つい過激な食事制限をしがちです。

 

ダイエットのための運動についても、有酸素運動と無酸素運動を上手く組み合わせましょう。どちらか一方でも、効率が悪いので、現在ベストの方法は無酸素運動(筋力トレーニング)を行った後に有酸素運動を行う事です。 

 

有酸素運動のみですと脂肪が燃えるまで、最低20分は有酸素運動を続けなければなりませんが、組み合わせればより速い時間で脂肪が燃えるモードに切り替わります。

 

バーベルとかダンベルが無い場合は腕立て伏せ、スクワットなどで代用も出来ます。

 

痩せることにこだわりすぎず、太らない体づくりに重点を置くのが、リバウンドの繰り返しから脱却できるコツなのです。
再びダイエットに取り組む際は、かつての自分のダイエット法を一度冷静に見直しましょう。

気付かないうちに太り癖が?  

 

 

リバウンド地獄への不安と焦燥感の中では、知らぬ間に太る行動をとっているもしれません。

 

リバウンドを繰り返さないためには、精神的に落ち着いた状態をキープすることが要です。

 

不安定な精神は間食を増やし、せっかく制限した分を帳消しにするばかりか、リバウンドの大きな原因となります。

 

我慢のしすぎはこのように無意識的な逆効果を生み、日常的な太り癖をつけてしまう恐れがあるのです。

 

そのことをちゃんと意識において、地味ではあっても着実なやりかたを続けることが大切です。

 

気付かずして太り癖が付くということは、反対に言えば、痩せる体を作れる余地がまだまだあるということです。

 

ストレスを溜め込みやすいのも太り癖の原因なので、ダイエット中は何事も明るく捉える習慣をつけましょう。

 

リバウンド地獄は抜け出しにくいものですが、そこに確かな抜け道があるのもまた事実です。
自分は駄目だと諦めてしまうのではなく、確実に抜け道に向かいたいですね。

 

リバウンドの繰り返しから抜け出す方法とは?