ダイエット成功後のリバウンドの仕組みとは?

リバウンドはダイエットに付きものですが、リバウンドするとせっかくのダイエットも無駄になってしまいます。まさにダイエットの天敵ですよね。

 

それでは一体どのような仕組みでリバウンドが起きるのか、ご存知でしょうか?

 

 

ダイエットで重要なのは恒常性

 
そもそも人の体というのは、常に同じ状態を保とうとする働きがあり、恒常性と呼ばれます。恒常性は体重に対しても働いているため、体重を減らした場合、元の状態に戻ろうとする内的な力が生じるのです。

 

特にダイエットジムでの食事制限によって、激に体重を減らそうとすると、恒常性もそれだけ強く働きます。

 

減った食事を補うように、エネルギーを蓄積しやすくなっていきます。

 

またそれだけでなく、少ない食事でちゃんとエネルギーが得られるよう、ダイエット時には、それまで以上に栄養分を吸収しやすくなっています。

 

溜め込みやすく消費しにくいこの状態は、ダイエット後にもしばらくの間は続くため、普段通りの食事量に戻すと太ってしまうというわけです。

 

満腹感を得にくくなる

 

リバウンドしてしまう原因には、満腹中枢も深く関わりを持っています。

 

人の体は食事する際にレプチンと呼ばれるホルモンを分泌しますが、このレプチンが脳の満腹中枢に作用し、人は満腹感を覚えます。

 

つまりレプチンは食べすぎ防止のために欠かせないホルモンであるということです。
しかしながら、ダイエットとして食事の量を減らしていくと、分泌されるレプチンの量も同じく減ってしまいます。

 

一度そのように減ってしまったレプチンの分泌量は、そう簡単に以前の値には戻りません。

 

そのためダイエットを終えてしばらくは、レプチンが分泌されにくく、満腹感を得にくい状態が続くのです。その間は食事の量も自ずと増えがちになるでしょう。

 

このようにリバウンドには、恒常性とレプチンの働きが関与しており、医学的に筋の通った原因がちゃんとあるのです。
ダイエットを無駄にしないためには、これらの働きを正しく理解して意識することが大切です。

 

食事管理をする事はダイエットの中でも1番大事な事ですので、大手のダイエットジムでは、リバウンド防止の食事の知識を得ることを第一に
行っているジム増えています。

 

また、ライザップでは有料のオプションプランですがリバウンド保険があり、規定以上にリバウンド為てしまった場合には、無料で2ヶ月のコースを受けられる
オプションも誕生しました。

 

2017年東京ダイエットジム比較とジムの選び方

ダイエットジムに通った後のリバウンド原因とは?