パーソナルトレーニングジム卒業後のリバウンドの男女差とは?

 

男女はもともと体のつくりや筋肉のつきかたが違うのに、同じダイエット法でお互い効果はあるのでしょうか?

 

これは確かにうなずける疑問で、それぞれの性別や体質に適さないダイエット法だと効果は薄れるでしょう。一部のダイエットジムでは遺伝子検査を行って降り男女差だけで無く、遺伝子の特性も
考慮したダイエット方を行っています。

 

体質が異なれば、いくらダイエットジムに行って痩せた後に、リバウンドしたときの状態にも差異があらわれやすくなり、その差異に適した対処法も必要です。

 

男性に効果的なりバウンド防止法とは?

 

男性は脂肪がお腹の内臓まわりにつきやすい内臓脂肪型で、女性は脂肪が皮膚の下につく皮下脂肪型です。

 

つまり男性は内臓脂肪を落とすダイエット、女性は皮下脂肪を落とすダイエットが向いていると言えます。
リバウンドした場合も、男性は内臓脂肪、女性は皮下脂肪が元に戻ってしまうことになるでしょう。

 

 

 

男性は女性よりも筋肉量が多いため、筋トレを継続することで筋肉が付きやすく、基礎代謝回復が比較的簡単に見込まれます。

 

内臓脂肪は皮下脂肪より落ちやすく、効率よくやれば早くリバウンドから抜け出せることもあるでしょう。
このため、男性の体質はダイエットに成功しやすいとタイプと言われています。

 

 

女性に効果があるリバウンド防止方法とは?

 

 

一方、女性は男性よりも基礎代謝が低く筋肉量が少ないため、トレーニングをしてもなかなか筋肉が付きにくいと言われています。

 

ですので、運悪くリバウンドしてしまったら現在持っている筋肉を活性化させ基礎代謝を上げていく、男性とは異なる筋トレが必要です。

 

女性は生命を宿す防衛本能が備わっており、脂肪が減りにくい体質でもあります。

 

特に周期的な月経によってホルモンバランスが乱れやすいため、女性ホルモンを整える筋トレがおすすめです。
特に女性がリバウンドする原因の多くは無理な食事制限なので、筋トレに必要な栄養素もしっかり摂りましょう。

 

男性も女性も、まずは自分の体の特徴をきちんと理解した上で正しい生活習慣を心がけることが大切です。

 

それぞれの体質に適したダイエットを実践することで、男女特有のリバウンドを回避しましょう。

ダイエット後のリバウンドで男女の差はあるのか?