ダイエットジムの後にはどのようなリバウンド防止が良いのか?

 

 

ダイエットジムを卒業した後ににウォーキングやジョギング、水泳といった有酸素運動をしている方も多いでしょう。

 

脂肪を燃やす効果に期待できるため、とことんやればどんどん痩せると思われがちです。
ですが、有酸素運動がリバウンドしないダイエット法かというと、答えはそう簡単ではありません。

 

リバウンドしないために目指すべきは、基礎代謝を高めて、痩せやすく太りにくい体づくりです。

 

有酸素運動で脂肪を燃やし体重を落としても、代謝を高める筋肉量が不足していればリバウンドしてしまいます。
筋肉量を増やすには筋トレなどの無酸素運動が有効ですが、逆に脂肪を燃やす効果には期待できません。

 

リバウンドしてしまったらどうすれば良いのか?

 

つまりリバウンドを防ぐには、有酸素運動と無酸素運動をセットで行うことが大切です。
どちらが欠けても、どちらだけやってもリバウンドしない保証は得られないのです。

 

 

とは言え、息切れするようなハードな有酸素運動は決して効果的なダイエットとは言えません。
ゆっくりと継続的な動きで酸素を効率よく摂りこむことが、体中を活性化させ脂肪燃焼につながります。

 

5分から10分程度の無酸素運動のあと、30分以上の有酸素運動をするのがよいでしょう。この時必ず、無酸素運動を先に行い、無酸素運動を後に行う事が大事です。

 

なぜならば、先に筋トレで脂肪を燃えやすく身体を活性化したあとに、脂肪燃焼をするのが順番で、最新の研究では、後に筋トレを行うと筋トレ効果が少ないと言われています。

 

ただしリバウンドしてしまったあとの有酸素運動は逆効果です。
リバウンドで基礎代謝が下がっているときにエネルギーを使う有酸素運動を行うと、さらに筋肉量が減り回復が遠のきます。

 

ダイエットにおいて有酸素運動は安易にとらえず、その効力をきちんと理解して実行することが大事です。
バランスのよい食事や筋トレなど他のダイエット法を上手に織り交ぜて、最大の効果を引き出しましょう。

 

ライザップではリバウンド保険も誕生!

 

ライザップが2017年7月1日から始めた画期的なプログラムです!

 

ライザップで通常の「ボデイメイクスタンダードコース16回」 以上のコースを行った方に、有料になりますが 29,800円/月 を支払えば加入できる 「ボデイマネジメントプログラム」 に付帯する保険なのです。

 

ライザップのジム使いたい放題+月2回のプラニングセッション+ボデイメイクマネジメントプログラム専用アプリの利用 のプログラムですが。

 

それに加え、ライザップが定める基準以上にリバウウドしてしまったら、リバンド保険が適用され、「ボデイメイクスタンダードコース」が無料で提供されるシステムが誕生しました。

 

RIZAPの「ボデイメイクプログラム」

 

ダイエットジムの料金比較

有酸素運動だけでリバウンドを防げるのか?