ダイエットは途中で止めるとどうしてリバウンドするのか?

 

 

減量中、急に体重が減らなくなったという理由でダイエットをやめる人は少なくありません。
そうすると前より体重が増えてしまうケースも多々ある話です。ライザップや24/7ワークアウトなどでのダイエットジムではそのメカニズムを熟知しているので、一時的に体重が減らないでも会員さんを励ましながら、継続することが出来ますが、自己流で行っているとその時点であきらめる人が多いのも事実です。

 

なぜダイエットを途中でやめるとリバウンドするのか? その原因は、途中でやってくる停滞期です。

 

体重が減っていくと、ホメオスタシスという体の機能が環境の変化を一定に保とうとし、体重が減りにくくなるように働きます。
これを停滞期といいます。

 

個人差もありますがダイエットを始めて約2週間から1ヶ月くらいで発生します。だいたい1ヶ月で体重の5%以上が減った時にも起こりやすくなります。

 

どうして停滞期で止めるとリバウンドしてしまうのか?

 

停滞期にダイエットをやめてしまい、元々の食事量に戻してしまうと、ホメオスタシスが栄養をたくさん蓄えようとします。体重が落ちて代謝が弱まっているためたくさんの栄養を消費しきれず、結局以前より太ってしまうのです。

 

これがダイエットを途中でやめるとリバウンドするメカニズムです。

 

食事量はすぐ元に戻すのではなく、ダイエットで体重を落としてきた期間と同じくらいのゆるやかさが望ましいですね。

 

運動も続け、筋肉を維持しておけば基礎代謝が上がり、食事量を徐々に戻してもリバウンドの心配はありません。ダイエットは、この日がやめどきというものではなく、徐々に元に戻すことが正しいやめ方といえるでしょう。

 

 

ただ、停滞期を乗り越えるとまた減量していくので、ここを持ちこたえればリバウンドは回避できます。
当初の目標であったはずのダイエット成功に向けて、根気よく続けていく選択肢もあっていいのではないでしょうか。
トップページ

ダイエットは途中で止めるとリバウンドする?