ダイエットジムでは終了後にリバウンドが起こるのか?

食事制限ダイエットでリバウンドした人の多くは、制限という言葉の意味を誤解しているのではないでしょうか。
 
食事制限というのは、「食事をバランスよく制限すること」であって、食事を抜いたり減らしたりするのではないということです

 

たんぱく質や炭水化物など、人が生きるために必要な栄養素を摂取しないと体自体が危険を感じ、あらゆる回復手段を講じようとします。

 

過度な食事や糖質制限でエネルギーが不足した体は、身体全体の新陳代謝を落として、わずかな食事量の増加でも脂肪として蓄積してしまい、太りやすい体質になります。

 

たんぱく質を摂取しなかったり、極端に食事を抜いて体重を落としてしまうと、実は一番最初に落ちるのは脂肪ではなく、エネルギーを一番消費する筋肉が落ち、その後に脂肪が落ち始めますので、間違ったダイエットは基礎代謝が低下して痩せにくくなります。

 

つまりこれらの体の自然作用は、すべてリバウンドにつながっているというわけです。
無理な糖質制限によって引き起こるリバウンドは、体の外見ではなく実は内面から起こっていることなのですね。
 
通常は、ダイエットのみをすれば筋肉、脂肪両方とも減って行くのですが、筋力トレーニングを行い、筋肉に刺激を与えることによって活性化させ、選択的に脂肪を落とすことが出来る様になります。

 

ダイエット目標まで体重が落ちてからリバウンドとの戦い

 

 

目標体重に達したからといって筋肉が落ちた状態で元の食事量に戻すと、体がカロリーを消費しきれずやっぱりリバウンドしてしまいます。

 

人間の本能として血糖値が上がりにくいタンパク質よりも、血糖値を急激に上げられるので精神的な満足感が高い糖質を選択的に摂ってしまうのですが、そのあたりの食事の食べ変えに関しては多くのダイエットジムでしっかりレクチャーしてもらえると思います。

 

また、ダイエットジムで目標に達した後も、もとの食生活に戻さないで、1日3食のうち1食だけをダイエットに適したタンパク質多めで糖質を押さえたの食事を意識したり、、1日全体のカロリー摂取量がオーバーしないよう注意しましょう。

 

筋肉の元になるたんぱく質を意識的に摂り、普通の食事ではどうしても多めになる糖質をさけ、その分をタンパク質でとる食事方法がリバウンド防止には有効です。

 

それ以外にも、ゆっくり噛んで楽しく食事を味わえば、ストレスの反動で過食することもなくダイエットの成功に近づけます。

 

リバウンドを避けるためには、ダイエットジムを卒業した後も可能ならば筋力トレーニング、最低でもをーキングなどを心がければ基礎代謝を上げて、無理のないバランスのよい食事を心がけることがなにより大切です。

極端な食事制限で起きるリバウンドについて