ダイエットジムのトレーニングではリバウンドしやすいのか?


安くない会費も払い、2ヶ月間のトレーニングをして、苦労して痩せたのにしばらくしたらまた太ってしまった、そんな失敗談をよく耳にしませんか。

 

それはダイエットとリバウンドが、常に背中合わせのリスキーな関係であることを知らないがゆえの失敗といえます。この悪しき関係を断つためには、体を太りやすくさせないという、正しい一方通行の流れをつくることが大事です。

 

その流れの原動力となるのが、ジムを卒業した後にも、体を痩せやすい方向に導く基礎代謝です。日々の運動で筋肉を付け基礎代謝を高めると、カロリーを消費する力が強まり、脂肪を燃焼して太りにくくなります。

 

 

ダイエットジムは卒業してからが本当のダイエット

 

早く痩せたいという願望でパーソナルトレーニングを初めて、短期間でハードな食事制限とトレーニングをすることで2ヶ月間でしっかりトレーナの指示を聞いて行動すれば大幅なダイエットはは可能ですが、自分のライフスタイルを変えるには短すぎる時間です。

 

3食食べられるといっても、ダイエット期間中は炭水化物は制限されますので、好きなものを我慢するとストレスも溜まり、どか食いや過食という自損事故にもつながりかねません。

 

栄養不足という赤信号を無視すれば筋肉量が減り、基礎代謝が落ち、その先にはリバウンドが待っています。

 

ダイエットジムでの2ヶ月間のダイエットの様な急激な減量は計算されて行われていますが、素人が1人で行うダイエットは体重のコントロールを誤りやすく、多くの場合は人の体は危険を察知して不足したエネルギーを補おうとする力が働きます。

 

実際には摂取カロリーが少なくなっていますので新陳代謝を落として消費カロリーを減らす働きが自然に起こります。

 

 

ジム卒業後も大事なトレーニング

 

また、筋力トレーニングは新陳代謝を落とさないように身体を活性化させるために行うので、トレーニングを止めると、食事を減らしてもジムでトレーニングしているときのように体重が減らないことになります。

 

ジムを卒業した後も、運動習慣が身についてトレーニングを続けている人はリバウンドしにくいのですが、トレーニングを中断している方は特に注意が必要です。

 

一般的にトレーニングで付いた筋肉はトレーニングを中止して数週間もすれば落ち始めるので、新陳代謝を保つには筋力トレーニングとある程度の有酸素運動を習慣ずける事が必要です。

 

ライザップでは2017年から有料ですが、「ボデイマネージメントプログラム」 として、2ヶ月コースを行ったかたに月29,800円の追加料金で月2回のセッションや食事管理と同時に「リバウンド保険」を付けて、ライザップの基準でリバウンドと認定されれば「ボデイメイクスタンダードコース」を区量で受けられるサービスも始めています。

 

無料カウンセリング受付中/ライザップ

 

ダイエットとは単に痩せることではなく、痩せた体を習慣づけ、維持することです。
最初から突っ走るのではなく、どう進めるのか、無理のない計画を立ててからスタートすることも肝心です。

 

長い目でみて 2ヶ月間で痩せたことは今日の小さな成功として喜び、楽しみながら続けるとストレスも回避できます。
リバウンドというせっかくの投資を無駄にしないためにも、正しいダイエットの道を進みましょう。

短期ダイエットだとリバウンドしやすいのか?