ダイエットジムでの糖質制限って一体なに?

 

ほとんどのトレーニングジムやダイエットジムでは炭水化物、糖質制限のダイエットとトレーニングを推奨しています。
これはなぜなのでしょうか?

 

ダイエットといえば最初に思い浮かべるのが「カロリー」ですが、最近ダイエットで注目を集めているのが「糖質」。
糖質といったら「糖質オフ」「糖質フリー」のお酒などでおなじみですね。

 

お酒に限らず、糖質に注目した食べ物も増えてきています。

 

糖質を抑えることは急激な血糖値の上昇を抑え、脂肪の蓄積を抑える効果があるのでダイエットには最適です。
ここでは、「糖質」に注目したダイエット、「糖質制限ダイエット」について紹介します。

 

 

なぜ糖質を制限するとダイエットできるの?

 

人間に必要とされる三大栄養素は炭水化物、脂質、タンパク質です。
炭水化物は、糖質と食物繊維で構成されており、この「糖質」が太る原因なのです。
糖質はご存じのとおり脳のエネルギー源です。

 

ちなみに食物繊維はエネルギー源ではありませんが、便の排出に大きな役割を果たしてくれます。

 

食事の時に糖質を摂取すると、糖質は体内で脳のエネルギー源となるブドウ糖になり、血液中のブドウ糖の濃度(血糖値)が上昇します。

 

するとそれを抑えるために、すい臓からインスリンが分泌されます。

 

インスリンは別名「肥満ホルモン」と言われているのをご存じですか?
インスリンには、余った糖質を中性脂肪に変えて体内に蓄える働きがあるのです。
ですから、必要以上(エネルギとして使う以上に)に炭水化物を摂取してしまうと、脂肪に変わってしまう、つまり太ってしまうのです。

 

そこで「糖質を制限することで、インスリンの分泌も抑え、脂肪を体内にためにくくしましょう」というのが糖質制限ダイエットなのです。

 

 

実際にはどうすればいいの?

 

具体的な方法は多く提唱されていますが、基本的に糖質制限ダイエットとは、食事から糖質を含む炭水化物を排除することです。

 

糖質は米飯のほか、パン、麺類に多く含まれています。
また、サツマイモやジャガイモ、サトイモなどのイモ類も糖質が主成分です。

 

 

糖質を制限する代わりに肉や魚、チーズ類などのタンパク質と脂質が主成分の食品はしっかりとっても構いません。
ダイエットの大敵とされるお酒も焼酎、ウイスキーやブランデーなどの蒸留酒や辛口のワイン、糖質ゼロの発砲酒なら飲んでも大丈夫です。

 

「食べること大好き」
「お酒大好き」
「お肉大好き」

 

上記のような人には始めやすいダイエットといえるでしょう。
空腹感を感じずに無理なく痩せることができ、しかも難しいカロリー計算もいらないので、ストレスを感じずにダイエットできるのが何よりもうれしいですね。

 

 

糖質制限ダイエットをする時に気をつけてほしいこと

 

万能とも思える糖質制限ダイエットにも注意してほしいことがあります。
「糖質制限」とは「糖質ゼロ」とは違います。

 

 

やはり炭水化物は3大栄養素。
カラダにとってマストアイテムなので、糖質がゼロにすると、タンパク質の摂りすぎによる肝臓の疲弊、脂質を摂りすぎてコレステロール値が上昇、筋肉の衰えなど、さまざまな弊害がでてきます。
糖質ゼロではなく、コントロールするくらいの気持ちでいましょう。
ごはん1杯50gとすると1日100gはとっておきたいですね。

 

過度な制限はさけ、適度な糖質制限ダイエットを心がけてくださいね。

 

トレーニングジム・ダイエットジムでのトレーニングの前には少しだけ糖質とアミノ酸(BCAA)を摂るようにした方が、充実したトレーニングが出来ます。
血糖値が低いままで筋トレを始めると低血糖(貧血)など起こす可能性がありますので危険です!!
また、トレーニング前のアミノ酸(BCAA)は筋トレによって筋肉が壊れるのを防ぐ働きがあります。

 

経済的な観点ででいうと、炭水化物がお腹を満腹にするには一番安上がりなので、タンパク質である程度お腹を満足させるのってお財布には負担が大きいかもしれないですね!

 

ジムでの糖質制限ダイエットとは?